とくまさARIGATO 〜本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ〜

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気付く。気付けば気付くほどまた学びたくなる。」-アルベルト・アインシュタインはこう言いました。 あなたの知的好奇心を刺激し、そのブラウザに「お気に入り登録」されることを目指して、面白いこと、笑えること、タメになること、稼げる話などを これでもかッッッ!!というほどおススメ・シェアリングします。この世の有意義なすべての情報に、「ありがとう。」

*

2025年問題が大変!天蓮華ッッッ!

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 

tokudai,2

 

低い出生率と諸外国に例を見ないスピードで高齢化が進行している日本。政治だの経済だのクールジャパンだの不倫だの言う前に、小学生でも知っているいわゆる「少子高齢化問題」について、毎日活発に議論されるべきだと思います。

「2025年問題」とは?

団塊の世代が2025年頃までに後期高齢者(75歳以上)に達する事により、介護・医療費等社会保障費の急増が懸念される問題です。 左のグラフは、平成27年(2015年)に「ベビーブーム世代」が 前期高齢者(65~74歳)に到達し、10年後の平成37年(2025年)高齢者人口は、約3,500万人(人口比約30%)に達すると推計されています。(平成18年厚生労働省・委員会報告書より抜粋)

2025年には、3人に1人が高齢者(65歳以上)となる。これは現状の人口ピラミッドや出生率から考えると、ほぼ間違いなようです。当然、年金等厳しい社会保障費負担の社会到来が予想されます。

 

2050年には、1人の生産年齢人口が1人の高齢者を支える担ぐ「肩車型」社会へ

(一社)ディペロップメントシニアPCコミュニティ様のHPにとても情報が豊富な記事がありますのでここでご紹介させていただきます。→「2025年問題」http://dspc2007.com/2025.html

 

皆さんご存じのとおり、社会保障費用の負担は、下の世代が上の世代を支える構図になっています。

しかし、少子高齢化が進むと当然その支え方は変わってきます。

 

●「胴上げ型/1965年」 ⇒ 高齢者1人に対し生産年齢人口9.1人。

●「騎馬戦型/2012年」 ⇒ 高齢者1人に対し生産年齢人口2.4人。

● 「肩車型/2050年」 ⇒ 高齢者1人に対し生産年齢人口1.0人。

 

ここで注意すべきは、生産年齢人口には、64歳までの方が含まれます(15~64歳)。

日本のサラリーマンの給料は、40代あたりからグッと多くなることが一般的ですので、結婚や出産、子育て等で最もお金がかかる20~40代が実際に感じる負担感は相当なものになります。60歳近くになると、そりゃ収入は増えていて貯金もあるでしょうに。

私にはこの「肩車型」の社会保障費用負担の構図が、次のような痛々しい図に見えます…ッッ!!

天蓮華

天蓮華


上記ご紹介した記事には、今後の高齢者人口の見通しや、平均寿命・健康寿命のことや、高齢化対策のことなども厚生労働省等の資料を基にまとめられているので、素晴らしいです。

 

 

どんどん子どもが生まれる活気ある日本にして欲しい。

本当に、本当にどうにかしてほしいよ日本!厚生労働省! 特に年金問題は深刻過ぎる。

老後の心配だけでなく、「今」もしんどい。先行きも不透明。賃金は上がらないので共働きしなきゃ。保育園も少ないし教育費は高い。…こんな条件の中じゃ3人以上子どもを産む家庭なんて増えないですよ。つまり、人口は減る。

 

私は下の世代に負担をかけたくないなぁ。老後も経済的に自立できるように、ジャンジャン稼いで、チャリンチャリンお金がかってに入ってくる仕組みを作ります。

 

 

2016.8.26 とくまさハルジオン

この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…

~本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないけども~
ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へにほんブログ村  

【LINE@】に登録していただけると様々なジャンルの“ためになる”情報の更新がすぐキャッチでき、さらにはご希望により質の高い「稼げる無料レポート」もお付けいたします☆

@yjc5112q
友だち追加

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 - 【おススメその他情報】 雑学~ZATSUGAKU~