とくまさARIGATO 〜本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ〜

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気付く。気付けば気付くほどまた学びたくなる。」-アルベルト・アインシュタインはこう言いました。 あなたの知的好奇心を刺激し、そのブラウザに「お気に入り登録」されることを目指して、面白いこと、笑えること、タメになること、稼げる話などを これでもかッッッ!!というほどおススメ・シェアリングします。この世の有意義なすべての情報に、「ありがとう。」

*

「個人賠償責任保険(共済、補償、特約)」(日常生活賠償責任保険)について ~とくまさハルジオンまとめ~

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 

「個人賠償責任保険(共済、補償、特約)」(日常生活賠償責任保険)とは?

個人が、日常生活の中で、次のような身近な事故やトラブルに起因して他人(いわゆる第三者)にケガをさせたり、他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った際に対応する保険のことです。

jitensya-insurance

・マンションで洗濯機の排水ホースが外れて階下に水漏れさせてしまった。

・飼い犬が散歩中、通りがかった人に噛みついてケガをさせてしまった。

・買い物に行った際、誤って商品を落として壊してしまった。

・自転車で駅に向かう途中、人にぶつかってケガをさせてしまった。

・スキーをしていて、人にケガをさせてしまった。

・立食パーティでトレーにのっていた食事を落とし、人のドレスを汚してしまった。

・子どもがキャッチボールをしていて、人の家の窓ガラスを割ってしまった。

 

レジャー保険であるゴルファー保険(ゴルフ保険)なんかも個人賠償責任保険の代表例ですね。人にケガをさせたりする可能性のあるアクティビティを行う前に加入する保険と言えます。

日本もどんどん訴訟社会になってきています。自分の身を守る保険として、加入を検討する人も増えてきているのではないでしょうか?

 

また、「自分はしっかりしている!」と気を付けていても、例えば子どもや飼い犬などが、誰かに損害を与える可能性もあります。それを100%コントロールするのは不可能でしょうから、個人賠償責任保険の必要性は0にはなりにくいと思います。

 

個人賠償責任保険の性質と加入方法

賠償責任保険(日常生活賠償責任保険)は、損害保険の一種です(傷害保険・医療保険などのいわゆる“第三分野の保険”とも違います)。しかし、火災保険や自動車保険のように、“特定の物”に対する損害ではないところが大きく異なる特徴です。

kousokuduoro

個人賠償責任保険は、単独で契約することもできますが、火災保険自動車保険傷害保険など、ほかの保険に“特約”で付帯するのが一般的です。最近ではクレジットカードに付帯させることができるケースが増えています。

 

※注意1)特約による付帯の場合は、本体の契約(=主契約)を解約すると、同時に消滅します!

※注意2)“特約”は契約時の説明で覚えていても、時間が経てば忘れがちです。保険証券にラインマーカーしたりメモを貼ったりして、後ですぐに思い出せるようにすることをおススメします。

 

 

個人賠償責任保険の保険金額(契約金額)はいくら必要?

例えば、火災保険に付帯する場合だと保険金額(いざという時の保険会社からの支払額のこと)1億円で月100円程度です。もしこの保険金額を1,000万円に下げても月数十円の差額にしかならないので、ケチらずにMAXの額を付帯しましょう!

 

このように個人賠償責任保険(日常生活賠償責任保険)は、火災保険や自動車保険の特約として付帯した場合、かなり安いです!

私の知る限り、個人賠償責任保険(日常生活賠償責任保険)を単独で契約加入する場合の金額は、数千円する場合があります。ただしこのような高額の単独保険の場合、以下のようなサービスがセットになっているケースがあります。お得な感じがしますが、損保では重複しやすいものが多いです。

 

弁護士への法律相談費用

示談交渉サービス(これは付与が当たり前になってきています)

葬儀費用

家財の補償(日本ではまだ家財への保険付与が甘いらしいです)

災害見舞金

その他の特典(福利厚生的なもの)

 

 

 

個人賠償責任保険の加入を検討しましょう!

①自己所有物件にお住まいの方 →当然、火災保険に入る→特約の個人賠償責任保険をしっかり検討しましょう。安いから!

②自動車を所有の方 →当然、自動車保険に入る→特約の個人賠償責任保険をしっかり検討しましょう。安いから!

③クレジットカードを所有している方 →カード会員限定で個人賠償責任特約を付与できることがあるので、カード会社に問い合わせて検討しましょう。安いから!

 

上記①~③に当てはまらない方→単独での個人賠償責任保険の契約を検討しましょう。大切だから!

 

※注意)火災保険と自動車保険と両方に同じような個人賠償責任保険(日常生活賠償責任保険)を付帯しないようにしましょう。損保の重複は意味がないですよ!

 

豆知識:賠償責任保険というのは、加害者側の法的賠償義務を“補填”するというのが目的の保険です。分かり易く言うと、100円の価値があったものを傷つけ、50円にしてしまった時に、50円補填して100円に戻す(原状回復)ということです。保険契約がひとつであろうとも複数であっても「法的賠償義務」は同じ。したがって、保険事故発生時、何社も入っている場合は保険会社間で行われる“協定”により分担して補填されます。

 

 

契約の際、約款のここに注目した方がいいよ!

それはやはり“免責事項=対象とならない事故”でしょう。主なものは下記の通りです。よく説明を聞いて覚えておいてください。

 

職務の遂行中の賠償事故

車両(船舶・航空機等も)の所有や使用・管理により発生した事故

闘争行為(いわゆるケンカ)

他人から借り物を壊した場合の賠償事故

同居の親族に対する損害賠償    など

 

 

(参考)

「なかなか使えるぞ!個人賠償責任保険」

「(一財)日本損害保険協会ホームページ」

「個人賠償責任保険.com」

 

 

 

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 - 【おススメその他情報】 雑学~ZATSUGAKU~