とくまさARIGATO 〜本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ〜

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気付く。気付けば気付くほどまた学びたくなる。」-アルベルト・アインシュタインはこう言いました。 あなたの知的好奇心を刺激し、そのブラウザに「お気に入り登録」されることを目指して、面白いこと、笑えること、タメになること、稼げる話などを これでもかッッッ!!というほどおススメ・シェアリングします。この世の有意義なすべての情報に、「ありがとう。」

*

おススメのビジネス書・実用書等 まとめ(随時更新)

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 

私がこれまでに購入した「ビジネス書・実用書の中から、おススメしたいものをまとめてみました。

私はAmazonや楽天で結構気軽に購入してしまうのですが、まだまだ読まずに山積みになっているものもあります。ここに紹介する図書は比較的有名なものも多く、既にお持ちのものもあるかもしれません。

ですがもし、読んだことがない本がある場合、ぜひ読んでみて下さい。

 

とくまさハルジオンのおススメ「ビジネス書・実用書等」まとめ(随時更新)

『人を動かす』/D・カーネギー(創元社、1999年)

人を動かす/D・カーネギー

人を動かす/D・カーネギー

→自己啓発本の原点ともいうべき本。多くの社会人にとって、心構えや人間関係の築き方を豊富な事例で説得力を持たせ解説しています。普遍的に役立つ力を学べます。

 

『影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか』/ロバート・B・チャルディーニ(誠信書房、第三版、2014年)

影響力の武器/ロバート・B・チャルディーニ

影響力の武器/ロバート・B・チャルディーニ

→米国を代表する社会心理学者である筆者がセールスマンや募金勧誘者、広告主など承諾誘導のプロ達の世界に潜入し、彼らのテクニックや方略から「承諾」についての人間心理のメカニズムを解明した本。

返報性のルール、コミットメントと一貫性、権威、希少性など、聞いたことがある言葉でも、その意味を学術的に知ることができます。

セールスマンも消費者もともに役立つ本です。

 

『ハイパワー・マーケティング』/ジェイ・エイブラハム(モール・オブ・ティーヴィー、初版第14刷2015年)

DSC_0110

→アップセ/クロスセル、USP、先制のマーケティング、リスク・リバーサル、BTRF、A/Bスプリット、紹介システム、ジョイント・ベンチャー・・・すべてはこの1冊から始まっています。

IBM、マイクロソフト、シティバンクなどをはじめとする、400社以上のコンサルティングに携わるカリスマコンサルティングである著者のセミナー参加費は100万円を超える。

 

『スピード・ブランディング』/鳥居祐一(ダイヤモンド社、2008年)

スピード・ブランディング/鳥居祐一

スピード・ブランディング/鳥居祐一

→自分自身のブランドを想像する『パーソナルブランディング』の重要性とその構築方法について書かれた本。

・勝てるポジションをどう築けばいいか?
・USP(自分の強み)が見つかる3つの質問
・ファンを増やすための方法 などなど・・・

盛りだくさんの内容です。

 

『100%確実に売上がアップする最強の仕組み』/加藤公一レオ(ダイヤモンド社、2015年)

100%確実に売上がアップする最強の仕組み/加藤公一レオ

100%確実に売上がアップする最強の仕組み/加藤公一レオ

→日本の大手メーカー通販の7割以上がコンサルティングを依頼している「❝レスポンスの魔術師❞  加藤公一レオ」の極意とは何か?ネット広告で費用対効果と売上を100%確実に上げる門外不出のノウハウを大暴露しています。図や実際のLPを載せており、ネット広告・マーケティングの初心者でもとても読みやすい内容です。

 

『究極のセールスレター』/ダン・S・ケネディ=著、神田昌典=監訳、齋藤慎子=訳(東洋経済新報社、2007年)

究極のセールスレター/ダン・S・ケネディ

究極のセールスレター/ダン・S・ケネディ

→ダン・S・ケネディ 著、神田昌典 監訳。このお二人の名前だけで「うおッッ!?」となる人は多いのではないでしょうか。帯にも書かれているとおり、初版から15年、米国で読み継がれている「超」定番。ダイレクト・マーケティングにかかわる専門家が必ずと言ってもいいほど、参考にするバイブルです。

 

『Googleアドセンスの歩き方』/グーグル・アドセンス研究会編(ダイヤモンド・ビッグ社、2008年)

Googleアドセンスの歩き方/グーグル・アドセンス研究会編

Googleアドセンスの歩き方/グーグル・アドセンス研究会編

→ビジネスとインターネットは最早切り離せなくなっている昨今、ブログやサイトを構築していく上で、Googleの動向とキャッシュポイントとしてのアドセンス収入の知識は必須です。

全ページカラーで、入門書としては十分だと思います。

 

『Google AdSense成功の法則57』/染谷昌利(ソーテック社、2014年)

GoogleAdoSense成功の法則57/染谷昌利

GoogleAdoSense成功の法則57/染谷昌利

→筆者はグーグルアドセンスに取り組んでから10年以上の大ベテラン。

ブログの立ち上げから収益化までの基本的な事項やコツ、テクニック、心構えなどが、初心者目線のとても分かりやすい文章とイメージ図で解説されています。分からないことをグーグル検索して調べるよりも、時間短縮できますし信頼性があります。

初心者のみならず、中級者以上の方でも、忘れてはいけない大切なことが多く書かれています。

 

 

『利益を生み出す熱狂ブランドの作り方』/アレン・P・アダムソン(ダイレクト出版、2013年)

利益を生み出す熱狂ブランドの作り方/アレン・P・アダムソン

利益を生み出す熱狂ブランドの作り方/アレン・P・アダムソン

→シンプルで核心を突き、有意義な差別化に成功し、エネルギーに満ち、人格すら保有しているブランド。それは会社のビジネスに利益をもたらす。

その「ブランドに関して発せられた情報すべてが、ブランディング」である。粗利を生み出すため「科学」がブランディングである。

熱狂ブランドの作り方を模索している人にとって、ヒントになることが散りばめられています。

ダイレクト出版から購入しました。

 

『スーパーフリーエージェントスタイル 21世紀型ビジネスの成功条件』/与沢翼(角川フォレスタ、2012年)

スーパーフリーエージェントスタイル/与沢翼

スーパーフリーエージェントスタイル/与沢翼

→与沢翼さんの波乱万丈の人生と会社経営で実践されたことを公開されており、半年で5億円稼いだ与沢さんのマインド・ノウハウを知ることができます。ネオ・ヒルズ族、秒速で億を稼ぐ男、今でも影響力の強い彼のことが知りたくて読みました。

 

『アウトプット速読法』/小田全宏(ソフトバンククリエイティブ、2013年)

アウトプット速読法/小田全宏

アウトプット速読法/小田全宏

→私が尊敬している小田全宏さん(一度セミナーに行ってみてください。本当に引込まれます!)の本の中から、特に実用的なものがこの本です。

知識は「使える」ようにする。アウトプットなしに成長はない(P.10)。と書かれているように、本をただたくさん読む、ただ速く読むだけでは人生はより良くなりません。

小田先生が体系化されたこの「アウトプット速読法」のメリットは、

・速く読んで、しかも忘れない(人に話せる)
・理解力や思考力が向上する
・実際の「行動」に落とし込むため、人生に変化が起きる

などがあります。ぜひ読んでみてください。

 

(以上。随時更新していきます。)

 

とくまさハルジオン

この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…

~本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないけども~
ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へにほんブログ村  

【LINE@】に登録していただけると様々なジャンルの“ためになる”情報の更新がすぐキャッチでき、さらにはご希望により質の高い「稼げる無料レポート」もお付けいたします☆

@yjc5112q友だち追加 

 

 

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 - 【おススメ情報】本・書籍~Books~