とくまさARIGATO 〜本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ〜

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気付く。気付けば気付くほどまた学びたくなる。」-アルベルト・アインシュタインはこう言いました。 あなたの知的好奇心を刺激し、そのブラウザに「お気に入り登録」されることを目指して、面白いこと、笑えること、タメになること、稼げる話などを これでもかッッッ!!というほどおススメ・シェアリングします。この世の有意義なすべての情報に、「ありがとう。」

*

介護について

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

超高齢化社会に突入している日本では、これから様々な介護問が多発します。
tokudai,2

 

そんな介護問題が、他人事ではなく、身近な事となるタイミングは遅かれ早かれ必ずやってきます。

人は、一人で生まれてこないのだから。

自分の両親、祖父母、配偶者、義理の両親、兄弟・・・

血縁関係に限らない場合もあります。

悲しいニュースもしばしば目にします。

例えば、介護に疲れ、肉親を殺害する事件や、ヘルパーによる虐待などです。決して許される話ではない。

しかし、介護というのは、介護に当っている者の状況等によっては、おそろしく大きな負担になり得るものである。

特に、認知症を患った人の介護や、下の世話まで必要な場合などは、精神的苦痛と言っても過言ではないほどの負担が生じよう。

偽善や道徳、正義、恩返し、ボランティアといったきれいごとの議論では済まされない、介護を行っているものにしか分からないものがきっとあるのだと思う。

そしてもちろん、介護されている者も、複雑な心境であるに違いない。

私だったら、もし親族に付きっきりで介護されるならば本ッ当に申し訳ない気持ちでいっぱいになると思う。

・介護する人・される人双方の心身の負担を軽減するためには?

・不幸な気持ちが発展し、最悪な事件が起こらないようにするためには?

このようなことを、互いが元気に顔を合わせられているうちに話し合わなければならないと思う。

具体的な方法としては、

「共倒れするよりプロに任せてしまった方が良い。」

これが、現在私が唯一納得している方法である。

この施設ならば、

・安心して愛する人を任せられる

・愛する人の「生きる力」を尊重し、蘇らせてくれる

・食べること、話すこと、動くことなど、生きる上で必要な多くのアクティビティを充実させてくれる

・お洒落をしたり、趣味に興じたり、より充実した人生を最後まで送らせてくれる

そんなプロ達が運営している施設を見つけたい。

たとえいくら高額な介護料であっても、それは人ひとりの人生を預ける場所なのだから、何としてでも支払ってあげたい。

もっとも、この良質だが高額の介護を受けるために必要な資金は、他人に迷惑をかけないように自分で準備しておくべきものだと思うが。

                 

                                      

「相続対策、エンディングノート」といった、死に関するワードが巷で飛び交っているのは結構なことだが、

「介護の準備」という死ではなく生に関する非常に大事なワードも、もっともっと飛び交ってほしいなと思います。

 

H27.12.29 とくまさハルジオン

この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…

~本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないけども~
ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へにほんブログ村  

【LINE@】に登録していただけると様々なジャンルの“ためになる”情報の更新がすぐキャッチでき、さらにはご希望により質の高い「稼げる無料レポート」もお付けいたします☆

@yjc5112q友だち追加 

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 - ハルジオンのつぶやき~TSUBUYAKI~