とくまさARIGATO 〜本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ〜

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気付く。気付けば気付くほどまた学びたくなる。」-アルベルト・アインシュタインはこう言いました。 あなたの知的好奇心を刺激し、そのブラウザに「お気に入り登録」されることを目指して、面白いこと、笑えること、タメになること、稼げる話などを これでもかッッッ!!というほどおススメ・シェアリングします。この世の有意義なすべての情報に、「ありがとう。」

*

戸籍上の氏名の変更(=戸籍改名、生前改名)の方法について②

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 

 

前回記事に引き続き、「戸籍法」と「どうすれば氏名が変更できるか」について調べたことを記事にしたいと思いますッッッッ!

(前回記事)「戸籍上の氏名の変更(=戸籍改名、生前改名)の方法について①」 はこちら

 

 

改名が許可された過去の基準

【改姓の場合】

改姓は、法律上は改氏と呼びます。結婚や離婚、養子縁組などに関わる改姓は家庭裁判所の許可は必要としません。

本人の意思で変更できる可能性があるのは次の場合です。しかし、過去の事例があるとはいえ、改姓は前回記事で触れたように非常にハードルが高く、参考までに。としておいた方がいいです。

 

読み方や文字面が珍奇で、社会生活上支障がある場合

字が難しくて読み書きに困ったり、音を聞いても文字の見当がつかない場合

外国人と紛らわしい場合

戸籍上とは異なる名字を長年用いている場合(通姓)

同姓同名の人がいて、そのために社会生活上の支障がある場合

神官もしくは僧侶になったとき、またはやめるとき

帰化した場合

異性と紛らわしい場合

 

 

【改名の場合】

改名での「正当な事由」の有無を判断する基準には次のようなものがあります。

 

営業上の目的からする襲名

同姓同名者があって、社会生活上著しく支障があるとき

神官もしくは僧侶になったため、またはやめるため改名する必要があるとき

珍奇な名、外国人と紛らわしい名または難解難読の文字を用いた名等で、社会生活上甚だしく支障があるとき

気化した者で日本風に名を改める必要があるとき

長年使用の通名、芸名、雅号、ペンネームを本名にしたいとき

 

 

注意が必要なのは、上記のいずれかの理由に当てはまっても簡単には改名できないように、さらに細かい基準や慣例があることです。

例1)「近所に同姓同名者がいるので改名したい」

同姓同名者との間柄物理的な距離、また実際に支障はどの程度あるのか、などがかなり厳しく問われます。

婚姻により親族と同姓同名になるケース(十分あり得る話ですよね)でも、実際には同居親族とならない限り、ほとんど許可されません

 

例2)長年使用の通名、芸名、雅号、ペンネームを本名にしたいとき

→一概には言えないが、普通は5年以上を指し、長い場合は7年以上を要したケースもあるそうです。およそ社会活動しているほとんど全てにその通称が浸透していなければならず、有名芸能人クラスでないと難しい。しかし、現実的に不可能ではない。

 

例3)「営業上の目的からする襲名」

→老舗や家元などと呼ばれる業種で、第○代目~といったものです。伝統芸能の世界などがわかりやすいかもしれません。一般人にはほとんど関係がないですね。

 

 

 

日本の裁判制度と判例~過去の判例がない改名理由はダメ~

判例というのは非常に重要です。日本の裁判はそのほとんどが過去の事例と照らし合せて審判が下されるのです。どの裁判官も前例のないものに率先して審判は下しません。

 

つまり、

改名したい理由が過去の許可事例に当てはまれば許可され、過去に不許可となった判例と同じ理由で申し立てをすれば、過程がどうであっても結果は不許可となってしまうと言っても過言ではないのです。

 

「自分の理由は過去の事例が無い。だけど改名したい。」こんな人が素直に理由を示し申し立てて改名が許可されるほど戸籍法の壁は低くありません。過去に成功例が無い理由はこれからも成功しないと言えます。

 

 

(豆知識)改名を希望するケースで比較的多い理由

改名を希望するケースで比較的多いのが、

①動物名を含む名

→「豚」「牛」「烏(カラス)」など、マイナスのイメージを持つ動物名からの改名は許可されるケースが多い。(注意:あくまで名の変更であり、牛島や烏丸などの氏の変更はほぼ不可)。

 

②外国人と紛らわしい名のケース

→「リンダ」「ジェニス」「ジェニファー」「ミカエル」「マイケル」などの改名は許可されるケースが多い。・・・どんな漢字を当てるのでしょうか?(笑)

 

帰化した者で日本風に名を改める必要があるときのケース

→許可されるケースが多い。しかし、中国や韓国など日本と同じ漢字圏の国と紛らわしい名の改名は一般的に許可されないようです。

 

 

(続く)

平井哲弥戸籍改名のススメ 』   ←クリック

 

 

H28.2.5とくまさハルジオン

この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら…

~本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないけども~
ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へにほんブログ村  

【LINE@】に登録していただけると様々なジャンルの“ためになる”情報の更新がすぐキャッチでき、さらにはご希望により質の高い「稼げる無料レポート」もお付けいたします☆

@yjc5112q友だち追加 

 

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 - 【おススメその他情報】 雑学~ZATSUGAKU~