とくまさARIGATO 〜本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ〜

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気付く。気付けば気付くほどまた学びたくなる。」-アルベルト・アインシュタインはこう言いました。 あなたの知的好奇心を刺激し、そのブラウザに「お気に入り登録」されることを目指して、面白いこと、笑えること、タメになること、稼げる話などを これでもかッッッ!!というほどおススメ・シェアリングします。この世の有意義なすべての情報に、「ありがとう。」

*

副業関係(ネットビジネス等)の用語解説(随時更新)

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

随時更新しているページですが、ぜひこのページをインターネットのブラウザ上でブックマークして欲しいと思い、まとめております。

一部、マーケティング用語も混じっていますが、どんなビジネスであろうとマーケティングは重要です。もちろん、ネットビジネスにも。

 

初心者にも分かり易くて、記憶に残り易くて、適格な用語解説を心掛けます。「この用語も調べて載せてほしい!」というのがありましたらご連絡下さい☆

 

 

(あいうえお順)

・アフィリエイト:成功報酬型広告。他人の商品を売ること。 代理販売するということ。

 

・インフォプレナー(情報起業家):自分自身あるいは自社の成功ノウハウやビジネスツールなどを電子ブックやCD、DVDなどの形態で販売する個人や企業経営者を指す。なお、インフォプレナーはインフォメーション(情報、Information)とアントレプレナー(起業家、Entrepreneur)を合成した造語である。

 

・ASP:インターネットを中心に「成果報酬型広告(アフィリエイト)」を配信するサービスプロバイダのことです(Affiliate Service Provider)。企業の広告を受け持つ広告代理店で、アフィリエイト広告の配信事業をしています。「A8.net(エーハチネット)」や「バリューコマース」などが有名な大手プロバイダですね。

 

・オプトインアフィリエイト:無料登録系商材を紹介する事で報酬が発生するアフィリエイトのこと。簡単に言えば無料の試食のアフィリエイト。無料で有益な情報を提供してでも「メールアドレス」を集めたい人がいるから成り立つものである。

 

コピーライティング: 基本的には文章のことをコピーっていいます。 『キャッチコピー』のコピーと覚えてください。崇高な意味での コピーライティングとは『言葉で人の感情を動かすスキル』です。コピーライティングの世界における超有名人:Mr.Xさんの有名な言葉に、「お客様は広告を見ない。お客様はあなたの事を信じない。お客様は行動しない。」というものがあります。お客様を言う事を聞かない駄々っ子と見なして、その子をどのようにして言う事をきかせるか、これを常に考えることでコピーライティング力はグングン上昇する。

 

・情報ビジネス: 情報を商品として売ることです。→インフォプレナーを参考

 

・DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング):マーケティングの手法の一つで、 個人で行うネットビジネスで最もしっくりくる方法です。僕はこの方法を推奨しています。というか、この方法しか知りません。お客さんを集めて、(ブログや SNSなどで)お客さんを教育し、(メルマガステップメール) 販売する。(セールスページ)

 

2ティア(紹介報酬制度):アフィリエイターの「親」と「子」のような関係のことを指し、子が稼いだ分の一定割合が親に入る仕組みです。2ティアの「ティア」は「TIER = 階層」という意味です。

 

・LP(ランディングページ):メールアドレスを登録するページ。ランディングは、着地という意味です。 集客媒体(ブログやSNSなど)からこの LPの リンクを貼って、メルアドを登録させてメルマガに誘導するという流れになります。

 

・オプト: 許可を得るという意味です。LPでメルアドを登録してもらうことをオプトインといいます。無料オプトインアフィリエイトというのは、他人のLPを紹介して、登録してもらえば一人につき500円程度の報酬がもらえるというアフィリエイト方法です。与沢さんの必殺技です。

 

・マーケティング :どの市場の人に、どうやって売っていくのか、どんな商品を提供するのか。そんな概念です。 最初のうちはマーケティングとかマーケッターという言葉は聞きなれませんが、皆さんがよく使う言葉です。ネットビジネスでまず取り組んでいくマーケティングはFacebookやツイッターなどを使ったSNSを利用して集客していくという方法です。

 

メルマガ:メールマガジンのこと。メルマガは一度登録してもらえれば検索順位等の影響を受ける事なく読者のメールアドレスに直接売り込む事ができるので便利なものです。

 

ラポール:アメリカン・ヘリテージ・ディクショナリーによると、「ラポール」とは、「互いに信頼感、あるいは親近感を持っている関係」のことです。言い換えると、相手を好きになり、自分を好きになってもらっている状態のことです。

 

・リスト: 顧客リスト、つまりメールアドレスのことです。リストをただの数字だと思うような考え方が大キライです。よく「1000リストで◯万円の価値がある」というように使ったりしますが、 『リスト』という言葉を使うとただリスト数を集めればいいやという考え方になります。使っていないメールアドレスを大量に持っていても意味がありません。 一人一人の読者に人生があって、 一人一人の現実は違います。どんどん読者が増えてくればわかりますがどこからメルマガを登録したかによりますが そもそもメルマガを読んでくれていないことも多いです。あなたのメールを読んでくれてあなたからのメールが楽しみで仕方ないくらいの熱狂的な読者をいかに集められるかが大切です。

 

・リストマーケティング:顧客リストを集めてその人たちを教育して販売していく方法です。DRMと同じような考え方です。DRM、リストマーケティングではとにかく『リスト集め』が大切です。江戸時代の商売人は火事になったら真っ先に住所などの書いた顧客名簿を井戸の中に放り込んでから逃げたそうです。その名簿は特殊な紙で出来ていて濡れても文字が消えないものだったらしいですが、とにかく何よりもリストが大事だということです。リストさえあれば資産ゼロからでもまた再起を図れるからです。できるだけ大切な”濃い”お客様を集めていくことが重要です。

 

・コンサルティング:相談というか、アドバイスをするという意味合いです。超一流の人で、1時間50万円でコンサルティングしますというようなことも多いようです。ネットでは、無料でテレビ電話ができるスカイプなどを使えば実際に対面して会わないでもコンサルティングを受けたり反対にコンサルティングすることもできます。ものスゴイアドバイスをすればいいというわけではなくて初めのうちは話を聞いてあげるとか自分より知らない人に自分の知っていることを少し教えてあげるとか、実績のないうちからも十分コンサルティングをあなたがすることは可能だということです。

 

・レバレッジ: 「てこの原理」の「てこ」ということです。”レバレッジを効かせる”は少ない労力でより大きな成果を上げる、と言う意味です。かつてFAXや手紙で送っていた時は1000人に送るなら1000通送らなければいけなたったのを インターネットを使えば1通メルマガを書けば1回で1000人にメッセージを届けることができます。インターネットを使う”ネットビジネス”はレバレッジが効いてるということです。

 

・マインドセット:考え方や思考のことで、格言や名言に集約されています。たとえば『すべては自分の責任である』というマインドセットを持っていれば部下や後輩がミスをしたときに「いや、これも俺の責任だ。もっと丁寧に教えてやれば良かった」と思い留まって新しい解決策が見つかって良い結果になるかもしれません。でもそこで「お前、何やらかしてんだよ!」と後輩を怒鳴りつけていては望むような進歩や結果は生まれないかもしれません。良いマインドセットを頭に叩き込んで それに従って行動していくことで良い結果が生まれていくということです。マインドセットは『心のコンパス』という言葉がしっくりきます。 言うのは少し照れくさいです。でも、偉人の格言や大切なマインドセットばかりを情報発信していると”マインド野郎”とバカにされてしまいます。 大抵の塾や情報商材はマインドセットから入ります。マインドセットを固めていないとそもそも行動することさえもないので、テクニックなんかよりも マインドセットが全てだと個人的には思っています。マインドセットがあれば テクニックは自分で生み出すことができます。

 

・SEO(サーチエンジンオプティマゼーション): 検索エンジンの上位に表示させるための技術のことです。自分の媒体に集客するのにとても大事です。自分のブログを検索結果の上位に上げるためには書いた記事のタイトルのキーワードをこうこうこうして…というように、完全にテクニックの話になります。初めのステップとしてはまずはあまり気にしないで良いと思っています。質の低いブログが検索結果の上位に上がっていっても大変だと思います。一貫して自分のコンテンツの質を高めることに意識を集中するのが本質だと思います。その中でよりブログのアクセス数を上げたいとなった時にSEOについて勉強すればいいと思います。

 

・PPCアフィリエイト:ヤフーやグーグルの検索結果画面の上部や右側に「スポンサーサイト」あるいは「スポンサーリンク」として表示されるWEBサイトが表示されます。これをPPC(「Pay Per Click」の略)広告と呼びます。この広告がクリックされるたびに広告主は課金されるシステムになっています。PPC広告のクリック単価は入札制で、基本的により多くの広告費を支払った広告主のページが上位に掲載されます。したがって、誰も出稿していないニッチなキーワードであれば、競争相手がいないので、1クリック数円から出稿できます。現在はPPCアフィリエイトの環境が昔とだいぶ変わっており、かなり稼ぎにくくなってきているようです。

 

・フロントエンド、バックエンド:フロントエンドは初めに売るジャブみたいな商品で バックエンドはその後に案内される商品です。フロントエンドを買ってもらいやすい価格で かつ価値の高いものにして信頼を得て、バックエンドでより高額な商品を売っていくという戦略です。ネットビジネスのアフィリエイトで よくあるパターンで例えると、最初に1万円程度の商材を自ら特典をもりもりつけて販売します。そして逐次コンサルティングや合宿などの比較的高い金額をつけて販売していきます。

 

・ペルソナ:マーケティングの用語で「理想の顧客像」のこと。

 

・USP:ユニークセリングプロポジションの略で、他人にはない自分ならではの強み というような意味です。『ユニークセールスポジション』の方がしっくりくると言っている人もいます。ですが注意しなくてはいけないのが、他人と違ってユニークだからといって ヘンなコスプレしたり被り物をすればいいというわけではありません。『それがお客さんが求めているもの』でなければ USPではありません。 『俺はメガネが特徴だからメガネアフィリエイトだ!』といっても、そのメガネを相手が求めているわけではないので ただ目立ってしまえばいいというわけではありません。まだ満たされていない欲を満たすのが USPです。

 

 

とくまさハルジオン

↓ この記事があなたにとって少しでも役に立っていただけたなら… ~本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないけども~ ポチッッッッ!!と押していただけると嬉しいです!にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へにほんブログ村  

LINEで送る
[`google_buzz` not found]

 - 【おススメその他情報】 雑学~ZATSUGAKU~, 【お得 おススメ情報】副業・アフィリエイトなど~Money~